AFTER SERVICE / アフターサービス

  • マイクロピペットJCSS校正サービス
  • ピペット修理・ピペット無料訪問点検サービス
  • 機器修理

× CLOSE

ABOUT LMS / LMSについて

  • LMSとは
  • トップメッセージ
  • 会社概要
  • お客様に選ばれる理由
  • CS向上への2つのポイント
  • 沿革
  • 組織図

× CLOSE

PRODUCT SHOWCASE 商品案内

ホーム / 商品案内 / モレキュラーバイオロジー用研究試薬(研究用試薬) / Nimble juice [NJ001-0010]/ GeneDireX

商品案内

Nimble juice [NJ001-0010]/ GeneDireX

-蛋白質泳動ゲルの染色に-

・高感度で、1ng以下の蛋白質を検出可(銀染色と同等)
・簡単、迅速な染色で、30分で検出可能(~90分)
・長時間の染色による過剰染色の心配なし
・簡単なUVボックスでの観察が可能
・3桁以上の広いダイナミックレンジ
・電気泳動後の蛋白質は、MS解析やシークエンスが可能
・室温で少なくとも1年間保存可能

特長

Nimble juiceは、1Dや2DのSDS-PAGEゲルを視覚化、定量化するための、高速かつ高感度な蛍光試薬です。ユーザーは、使用前に水でストック溶液を100倍希釈するだけで使用することができます。

当商品は、蛋白質と結合することで、強い蛍光(明るい金色)を発光します。染色手順は2ステップのみ、非常に簡単(固定と染色)で、30分で完了します。

ゲルの固定は、エタノール/酢酸溶液を使用します。

脱色は、通常お勧めしませんが、1~5分間水中で撹拌することによって、バックグラウンドを減少させることができます。

Nimble juiceで染色されたゲルは、各社のUV蛍光のイメージングシステムによって直接観察することができます。蛋白質と結合したNimble juiceの最大発光波長は、570nmです(最大励起波長330nm)。Nimble juiceを使用することで、蛋白質の検出は、高感度かつダイナミックレンジが広くなります。

蛋白質に結合したNimble Juiceは、十分な量の水にゲルを浸すことで、簡単に蛋白質から色素を外すことができます。このため、プロテオミクスでの電気泳動後の酵素消化やMS解析なども可能です。

染色後のゲルは、2~8℃の暗所で染色液中に保存できます。染色ゲルを4℃保存しておくと、感度がさらに高くなることがあります。

保存方法

100X Nimble juiceは2~8℃で、1年間安定保存可能です。37℃以上の温度となることは避け、光にはあてないでください。

保存方法

100X Nimble juiceは2~8℃で、1年間安定保存可能です。37℃以上の温度となることは避け、光にはあてないでください。

GeneDireXは2007年に設立、高品質で低価格の電気泳動用分子量マーカーやPCRプレミックス試薬OnePCR™、さらに、電気泳動関連の試薬類および新製品LEDトランスイルミネーター「BLOOK」も供給。

ジーンダイレックス(GeneDireX) メーカー公式サイト

[お問い合わせ] 見積依頼、カタログ等資料請求などお気軽にお問い合わせください

関連するキャンペーン情報

GeneDireX社製品ディスカウントキャンペーン

GeneDireX社製品ディスカウントキャンペーン

キャンペーン期間 / 2016年10月03日~2017年03月31日

キャンペーンの詳細はこちら

商品案内トップに戻る / モレキュラーバイオロジー用研究試薬一覧に戻る

同一カテゴリー内他商品

株式会社エル・エム・エス

© LMS Co.,Ltd 2014-2017 All rights reserved.

ページトップ