AFTER SERVICE / アフターサービス

  • マイクロピペットJCSS校正サービス
  • ピペット修理・ピペット無料訪問点検サービス
  • 機器修理

× CLOSE

ABOUT LMS / LMSについて

  • LMSとは
  • トップメッセージ
  • 会社概要
  • お客様に選ばれる理由
  • CS向上への2つのポイント
  • 沿革
  • 組織図

× CLOSE

PRODUCT SHOWCASE 商品案内

ホーム / 商品案内 / モレキュラーバイオロジー用研究試薬(研究用試薬) / BLUeye プレステイン蛋白質ラダーマーカー/ GeneDireX

商品案内

BLUeye プレステイン蛋白質ラダーマーカー/ GeneDireX

GeneDireX BLUeyeプレステイン蛋白質ラダーマーカー(PM007-0500)は、10~245kDaの広い分子量範囲をカバーする12個のプレステインタンパク質からなる三色の蛋白質標準物質です。これらの蛋白質は、SDS-PAGE(Tris-Glysin)で分離されると、2つの参照バンド(25kDaの緑色のバンドと75kDaの赤いバンド)を除いて、青い発色基と共有結合します。
当商品は、SDS-PAGE中の蛋白質の分離のモニターや、ウェスタンブロッティング膜(PVDF、ナイロン、ニトロセルロース)への転写効率の検証、蛋白質分子量の見積もりのために開発されました。

ゲルローディングバッファーで出荷されており、すぐに使用できます。

使用方法

電気泳動中にはっきりと目視できるように、各ウェルに3μL(15ウェルミニゲル)、5μL(10ウェルミニゲル)をアプライしてください。
ウェスタンブロッティングには、1ウェルあたり、1.5~2.5μLをアプライしてください。
厚いゲル(1.5mm以上)や大きなサイズのゲルの場合には、さらにアプライ量を増やしてください。

内容

20mMトリスリン酸バッファー(pH7.5 @25℃)、2%SDS、1mM2-メルカプトエタノール、3.6M尿素、15%(v/v)グリセロールに、各蛋白質が約0.1~0.4mg/mLに溶解。

クオリティコントロール

15%SDS-PAGE(トリス-グリシンバッファー)ゲルとウェスタンブロッティング後のニトロセルロース膜で、BLUeyeプレステイン蛋白質ラダーマーカーは、12の主要バンドに分離されます。

保存方法

+4℃で3ヶ月、-20℃で長期保存可能。

クオリティコントロール

15%SDS-PAGE(トリス-グリシンバッファー)ゲルとウェスタンブロッティング後のニトロセルロース膜で、BLUeyeプレステイン蛋白質ラダーマーカーは、12の主要バンドに分離されます。

保存方法

+4℃で3ヶ月、-20℃で長期保存可能。

GeneDireXは2007年に設立、高品質で低価格の電気泳動用分子量マーカーやPCRプレミックス試薬OnePCR™、さらに、電気泳動関連の試薬類および新製品LEDトランスイルミネーター「BLOOK」も供給。

ジーンダイレックス(GeneDireX) メーカー公式サイト

[お問い合わせ] 見積依頼、カタログ等資料請求などお気軽にお問い合わせください

関連するキャンペーン情報

GeneDireX社製品ディスカウントキャンペーン

GeneDireX社製品ディスカウントキャンペーン

キャンペーン期間 / 2016年10月03日~2017年03月31日

キャンペーンの詳細はこちら

商品案内トップに戻る / モレキュラーバイオロジー用研究試薬一覧に戻る

同一カテゴリー内他商品

株式会社エル・エム・エス

© LMS Co.,Ltd 2014-2017 All rights reserved.

ページトップ