• マイクロピペットJCSS校正サービス
  • ピペット修理・ピペット無料訪問点検サービス
  • 機器修理
  • パーティクルカウンター校正サービス

× CLOSE

  • LMSとは
  • トップメッセージ
  • 会社概要
  • お客様に選ばれる理由
  • CS向上への2つのポイント
  • 沿革
  • 組織図

× CLOSE

PRODUCT SHOWCASE 商品案内

ホーム / 商品案内 / 血液凝固自動測定装置(医療機器・臨床検査診断機器) / KC1 デルタ/ KC4 デルタ

KC1 デルタ/ KC4 デルタ

当ページは医療関係者のみなさまを対象として作成しております
(広告を目的とするものではありません)

KC1 デルタ/ KC4 デルタ イメージ

【血液凝固自動測定装置】

KCデルタシリーズは実績のあるスチールボール法を採用することにより、光学法では不可能な全血検体や、乳び、溶血等の検体でも正確に測定できます。

血液凝固自動測定装置 KC1デルタ

血液凝固自動測定装置 KC4デルタ

概要/特徴

KC1 デルタ
医療機器届出番号:13B1X00019LMS004

KC4 デルタ  
医療機器届出番号:13B1X00019LMS005

血液凝固自動測定装置KCデルタシリーズは、スチールボール法を採用した全血検体測定可能な装置です。またマイクロサンプル法採用により試薬・検体量は従来の1/2となり、低ランニングコスト化を実現しました。さらに、独自の磁力センサー検出方式により試薬・検体の濁りや色の影響を受けずより正確な測定ができます。

測定項目:プロトロンビン時間、部分トロンボプラスチン時間、トロンボテスト、ヘパプラスチンテスト、血漿トロンビン時間、フィブリノーゲン定量、因子定量、その他

血液凝固自動測定装置 KC1デルタ/KC4デルタの主な特徴

  • 全血測定が出来ます。
  • 検体の濁り、乳び、溶血等の影響を受けません。
  • 前処理がなくスピーディに検査結果が得られます。
  • 検体・試薬にも半量なため、低ランニングコストを実現。
  • 操作が簡単です。

メーカーサイト

関連リンク

スチールボール法を採用した少量検体向けの安価でコンパクトな装置です。独自の磁力センサー検出方式により試薬・検体の濁りや色の影響を受けずより正確な測定ができます。光学法では読み取りにくい検体にも対応可能です。大型機種のバックアップとしても便利です。本装置は永井販売実績でKC の愛称で親しまれております。

ティー・コアグ(Tcoag) メーカー公式サイト

お問い合わせ先

株式会社エル・エム・エス DS機器推進部
TEL: 03-5802-2741 FAX: 03-5802-2773
E-mail: ds@lms.co.jp

[お問い合わせ] 見積依頼、カタログ等資料請求などお気軽にお問い合わせください

商品案内トップに戻る / 血液凝固自動測定装置一覧に戻る

商品案内

ご確認ください

株式会社エル・エム・エス(LMS)のウェブサイト(www.lms.co.jp)は、
薬事法対象商品の情報を医療関係者向けにお届けするためのコンテンツを含んでおります。
お客様がアクセスされたページは、一般の方への情報提供を目的にしたものではなく医療関係者向けの情報を掲載しているため、閲覧は医療関係者限定とさせていただきます。
広告を目的とするものではありません

あなたは医療関係者ですか?

「いいえ」の場合は、ウェブサイト内「商品案内」ページへリンクします

株式会社エル・エム・エス

© LMS Co.,Ltd 2014-2017 All rights reserved.

ページトップ