AFTER SERVICE / アフターサービス

  • マイクロピペットJCSS校正サービス
  • ピペット修理・ピペット無料訪問点検サービス
  • 機器修理

× CLOSE

ABOUT LMS / LMSについて

  • LMSとは
  • トップメッセージ
  • 会社概要
  • お客様に選ばれる理由
  • CS向上への2つのポイント
  • 沿革
  • 組織図

× CLOSE

PRODUCT SHOWCASE 商品案内

ホーム / 商品案内 / 一般薬理・行動解析機器(動物実験機器・器材) / Ugo Basile 鎮痛・行動 評価機器

商品案内

Ugo Basile 鎮痛・行動 評価機器

ウゴバジレは、鎮痛・行動評価機器に於いて世界中の研究者から高い評価と支持を得ているイタリアの薬理学実験機器メーカーです。

鎮痛評価機器
・プランターテスト
・コールド機能付きホットプレート
・オロフェイシャルスティミュレーション
・テイルフリック
・VON FREY式 痛覚測定装置
・ラット・マウス用 足容積測定装置
・PAM 鎮痛効果測定装置
・圧刺激鎮痛効果測定装置

行動評価機器
・ローターロッド
・ロトメーター
・グリップメーター

鎮痛評価機器

概要/特長

37370 プランターテスト

ラット・マウスを無拘束の状態で、熱刺激に対する痛覚過敏度を迅速に測定します。

  • ラット、マウスの行動のエンド・ポイントを自動検知します
  • 繰り返し測定による再現性が極めて高い
  • 他の測定方法に比べて、感度が高い
  • 動物用チャンバーは3匹用(ラット)と6匹用(マウス)が用意されています
  • 本体には操作のし易い液晶グラフィック・ディスプレイが装備されています
  • 測定データはメモリーカード(付属品)やパソコンに接続して保存記録できます

35100 コールド機能付きホットプレート

  • 本装置はN.B.エディ、D.ラインバッハの両博士により考案された熱板法を用いた麻酔性鎮痛薬を迅速にスクリーニングするための装置です
  • 熱板上に落とされたラット又はマウスの反応時間を、0.1秒刻みの高性能タイマーで測定することが出来ます
  • 本体には、熱分布の均一なアルミ平板が採用され、0.1℃単位で加熱温度をモニタ出来ます
  • 測定データは専用プリンタ(7145)又はPCに接続して保存記録する事が可能です
  • 従来の7280型ホットプレートの機能に加えて、新しくコールドプレート機能が追加されています
  • 設定温度2℃から66℃

31300 / 31320 オロフェイシャルスティミュレーション

口腔顔面痛の研究を目的としてデザインされた装置です。
  • 動物が餌にアクセスする際に与えられる痛覚刺激により痛みを評価します。
  • フィラメントによる痛覚刺激と熱刺激の両方で測定を行うことが可能です。
  • 専用のソフトウエアで餌に対するアクセス回数と摂食時間を自動測定します。

37360 テイルフリック

  • ダモール・スミス法による、迅速且つ正確な鎮痛剤のスクリーニングを行うための装置です
  • ラット又はマウスの尾部に熱刺激を与え、動物が反応するまでの時間を自動的に測定します
  • 赤外線ランプの照射強度は簡単に変えられ、キャリブレーションも行えます
  • 測定データはメモリーカード(付属品)やパソコンに接続して保存記録する事ができます

37450 VON FREY式 痛覚測定装置

  • ラット・マウスの肢にフォンフライ式フィラメントで圧刺激を与え、無拘束の状態で痛覚テストが行えます
  • 圧刺激の強さは0.1から50gまで、加圧スピードは1-20秒まで任意に設定できます
  • フィラメントを装備したアクチュエータには動物の肢の位置を容易に確認できるミラーが付いています
  • コントローラ本体には大型のLCDディスプレイとプリンタが標準装備されています

37140 ラット・マウス用 足容積測定装置

  • ラットの肢の浮腫を測定したり、抗炎症作用を客観的にテストできます
  • 原理は、水の入った透明セルにラットの足を入れ、このときの水面変位をトランスデューサで検出し、高精度のデジタルメータで測定容積を表示します
  • シンプルなセル構造ですから、大量のラットを迅速にスクリーニングでき、専用プリンタ、コンピュータへの接続も可能です
  • トランスデューサはバジレ社独自の方式により、分解能が高く、経年変化もほとんどありません。
  • アクセサリの交換により、マウスの測定もできます

38500 PAM 鎮痛効果測定装置

PAM痛覚測定装置は、小動物の関節痛測定を簡便に行うことができる初めてのツールです。
  • 関節痛部位へ直接圧刺激を加え、動物が反応した時点での最大圧を自動的に読み取ります。
  • PAMには関節痛評価のために設計された、ラット用(8mm)とマウス用(5mm)の圧センサーが標準で付属しています。

37215 圧刺激鎮痛効果測定装置

Randal Sellito法(ランダルセリット)により、正常および炎症を持ったラットの足に対する鎮痛薬の作用を正確かつ迅速にスクリーニングするために最も広く使用されている装置です。

ラットの後肢に一定の速度で加圧します。この圧力はスケール上でグラム単位で読み取ることができます。

行動評価機器

ローターロッド

  • 従来の固定スピード型と加速度型に代わる新しいタイプのロータロッドです。
  • 大型で読みやすいバックライト付液晶ディスプレイに実際の回転速度(RPM)が表示されます。
  • ディスプレイには動物の走行時間(秒)と落ちた時の回転速度が表示されます。
  • 前面パネルは読みやすい角度に傾斜できるようになっています。

マウス用(47600) 5連 ラット用(47700) 4連

43000 ロトメーター

ロトメーターは、運動評価の研究に幅広く使用されており、特に心因性・後天性脳損傷及び精髄損傷の研究に有効とされています。
  • ラット・マウスの回転運動を無拘束で測定できます。
  • 測定原理は、小さなマグネットを動物に装着し、これを本体に内蔵されたセンサーで検出します。
  • 測定データはUSBケーブルでPCに接続し直接取り込むことができます。

47200 小動物用握力計

  • マウス・ラットの前肢の握力を測定することで、薬物・毒物の効果や病変・神経性ダメージによる筋力への影響を簡単に評価することができます。
  • 前肢をメタルバーに掴ませて尻尾を引っ張ることで測定が終了します。
  • 握力のピーク値がグラム単位で表示されます。

イタリアの薬理学実験機器メーカーとして、マウスやラットの行動をモニタリングする装置を開発・製造。50 年に及ぶ実績が世界中の多くの研究者から支持されています。

ウゴバジレ(UGO BASILE) メーカー公式サイト

お問い合わせ先

株式会社エル・エム・エス ME機器推進部
TEL: 03-5842-4176 FAX: 03-5842-4182
E-mail: medical@lms.co.jp

[お問い合わせ] 見積依頼、カタログ等資料請求などお気軽にお問い合わせください

商品案内トップに戻る / 一般薬理・行動解析機器一覧に戻る

同一カテゴリー内他商品

株式会社エル・エム・エス

© LMS Co.,Ltd 2014-2017 All rights reserved.

ページトップ