• マイクロピペットJCSS校正サービス
  • ピペット修理・ピペット無料訪問点検サービス
  • 機器修理
  • パーティクルカウンター校正サービス

× CLOSE

  • LMSとは
  • トップメッセージ
  • 会社概要
  • お客様に選ばれる理由
  • CS向上への2つのポイント
  • 沿革
  • 組織図

× CLOSE

PRODUCT SHOWCASE 商品案内

ホーム / 商品案内 / 一般薬理・行動解析機器(動物実験機器・器材) / ミニ浸透圧ポンプ

ミニ浸透圧ポンプ

ミニ浸透圧ポンプ イメージ

アルゼット(ALZET®)の微量注入器シリーズ

■ミニ浸透圧ポンプ

マウス、ラット、犬、猿等の実験用小動物の皮下及び腹腔内に
埋め込めるカプセル型のポンプです。

特徴

あらかじめカプセル内に入れた薬液を浸透圧により体内に注入されます。一定期間、
一定の流量で薬(化合物)を動物体内に連続注入できるポンプです。
モデルは、1日用~14日用まで揃えております。

ミニポンプの構成は、フレキシブルな非透過性のリザーバーと、それを包む浸透剤を
含むシール膜及び半透過膜外筒メンブランと薬液排出用のフローモデレーターよりなっています。

充てんされたミニポンプが体液に接すると、浸透剤が半透過性膜で制御されたレートで
水分を吸収します。吸収された水分はフレキシブルなりザーバーに対して水圧として働き、
徐々に圧迫してフローモデレーターを通じてリザーバー内の薬液を一定流速で流出させます。

リザーバーに充てんした薬物のみポンプから流出し、浸透剤はリザーバー内に混入することも
ありませんし、半透膜を透過することもありません。ポンプの流速は固定で、製造するときに
決定されています。ミニポンプ埋込後はポンプ流速が定速に達するまで数時間の始動時間を
要しますが、その後の流速は、ポンプ機能が止まるまで基準の定連で流出します。
尚このポンプは動物体内に埋め込んだまま残しておいても炎症は一切おこしません。

お得な価格でご提供いたします。

アルゼットの浸透圧ポンプはマウス、ラットなど実験動物に使用する小型の埋め込み可能な浸透圧ポンプです。薬液などを持続的に注入できます。

アルゼット メーカー公式サイト

お問い合わせ先

株式会社エル・エム・エス ME機器推進部
TEL: 03-5842-4176 FAX: 03-5842-4182
E-mail: medical@lms.co.jp

[お問い合わせ] 見積依頼、カタログ等資料請求などお気軽にお問い合わせください

商品案内トップに戻る / 一般薬理・行動解析機器一覧に戻る

同一カテゴリー内他商品

商品案内

株式会社エル・エム・エス

© LMS Co.,Ltd 2014-2017 All rights reserved.

ページトップ