• マイクロピペットJCSS校正サービス
  • ピペット修理・ピペット無料訪問点検サービス
  • 機器修理
  • パーティクルカウンター校正サービス

× CLOSE

  • LMSとは
  • トップメッセージ
  • 会社概要
  • お客様に選ばれる理由
  • CS向上への2つのポイント
  • 沿革
  • 組織図

× CLOSE

NEWS お知らせ

ホーム / お知らせ一覧 / パーティクルカウンターのページにISO14644-1改正ポイントの資料を追加しました

2016/08/01パーティクルカウンターのページにISO14644-1改正ポイントの資料を追加しました

1963年、米国においてクリーンルームの空気清浄度規格として米国連邦規格(FED-STD-209)が初めて制定されました。その後、ISO 14644-1の制定に伴い、2001年11月、米国連邦規格は廃止されました。
当時の米国連邦規格では、1立法フィート(1 ft3)中の0.5 μm の粒子数を規定しており、「クラス100」とは、1 ft3 中に 0.5 μm の粒子が 100 個以内であるという清浄度クラスになります。
1999年に国際統一規格ISO 14644-1が制定され、以降は1 m3 中の 0.1 μm 以上の粒子数を規定するようになりました。
※ 1 ft3 = 0.02832 m3
2015年12月、第1版(ISO 14644-1:1999)が廃止され、第2版(ISO 14644-1:2015)がリリースされました。資料集の中にてその主たる改正点をご紹介いたします。 

ハンドヘルド型気中パーティクルカウンターHHPC+のページ内の<資料集>に資料がございます。

お知らせ一覧に戻る

株式会社エル・エム・エス

© LMS Co.,Ltd 2014-2017 All rights reserved.

ページトップ